乱れた体内時計はアロマで整える!アロマの力で生活リズムにメリハリを | くらしとアロマ|アロミックスタイル

アロマでくらしを豊かに

くらしとアロマについて

乱れた体内時計はアロマで整える!アロマの力で生活リズムにメリハリを

リフレッシュ

「食事や睡眠の時間が毎日バラバラ」「なかなか熟睡できず疲れが残っている」などと感じたことはありませんか?そんなときは、生活のリズムが崩れていることで、体内時計が乱れしまった可能性があります。体内時計が乱れると、心や体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまうので要注意。乱れてしまった体内時計は、アロマを使って整えましょう!

24時間のリズムを刻む体内時計=サーカディアンリズム

私たち人間は「朝起きて、昼は活動して、夜になると眠る」という約24時間のリズムで生活しています。
このリズムは地球上で生活する生物が進化の過程で獲得した自然な形質であり、私たちは生まれたときからこのリズムを刻む遺伝子を持っているといわれています

この約24時間のリズムを「体内時計=サーカディアンリズム」と呼びます。

実は体内時計は毎日少しずつ“ずれ”が生じてしまうので、きちんとリセットしてあげることが大切です。体内時計をリセットするためには、朝しっかり太陽の光を浴びることが有効だといわれています

・一日中窓のない部屋に閉じこもって過ごす
・夜遅くまで残業したりスマホを見たりする
・緊張や悩み事のせいで夜眠れない


このような生活によって朝の太陽の光を浴びることができないと、体内時計が乱れる原因になってしまうのです。

体内時計をリセットするポイントは良質な睡眠

乱れてしまった体内時計をリセットするには 、毎日良質な睡眠を確保することで朝型生活へと切り替え、しっかり朝の太陽の光を浴びることが大切です。そのために、日頃から以下のようなことに気をつけてみましょう。

☑同じ時間に寝起きする

睡眠女性
夜更かしや朝寝坊を防ぐために、毎日同じ時間に寝起きする習慣をつけておきましょう。平日と休日で差をつけず、同じリズムを保つのがベストです。「朝起きたらコーヒーを入れる」「朝食を作る」など、タスクを決めておくと、決まった時間にベッドから出ることができるようになるかもしれません。

☑寝る前の行動に注意する

ベッドサイド
良質な睡眠を確保するために、寝る前の行動にも気を配りましょう。
強い光の刺激は、ストレスや緊張の原因となります。寝る直前だけでなく、できれば30分程前からほの暗い空間で過ごすのがおすすめです。パソコンやスマートフォンの照明も寝つきを悪くする可能性があるため、できる限り就寝前は使用を控えましょう。
就寝前のお酒、カフェイン、喫煙も寝つきを悪くすので控えるのがベターです。

☑入浴する

浴槽
疲れた日の入浴はシャワーだけで済ませずに、できるだけ湯船に浸かるようにしましょう。身体がじっくり温まることで自律神経のバランスが整い、心身ともにリラックスすることができます。入浴は寝る直前ではなく、就寝2時間前程度がおすすめ。

☑日中の適度な運動

運動する女性
朝の光を浴びながらのウォーキングや散歩は、睡眠の質の向上につながります。
ちなみに日中の昼寝はどうしても夜の睡眠を妨げてしまうため、昼寝をする場合は20分以内程度にとどめておきましょう。

☑アロマでリラックス

寝室でアロマ
就寝前にアロマを使って心身をリラックスさせれば、より良質な睡眠を得ることができるといわれています。

こちらの記事もcheck!
天然アロマで質の良い睡眠を。リラックスできる香りやアイテムはこれ!

アロマの「活性」と「鎮静」の力で生活リズムにメリハリを

しかし、上記のようなことをすべて実践するのはなかなか難しいですよね。そんなときは、アロマのパワーを使ってみてはいかがでしょうか。

例えば「ローズマリー」「レモン」などを配合した精油は、集中力を高めて記憶力を強化し、活動リズムを活性化する作用が期待できます。「ラベンダー」「スイートオレンジ」などを配合した精油は、心身をリラックスさせ、気分を穏やかにしてくれる鎮静作用の高いアロマとして知られています。

つまりローズマリーやレモンのような「活性」のアロマを朝に、ラベンダーやスイートオレンジなどの「鎮静」のアロマを夜に使用すれば、生活にメリハリをつけることができるのです。

ちなみにアロマは認知症予防対策にもなるといわれており、精油を用いたアロマテラピーによって、認知機能の回復を図れる可能性があることも某大学の研究によって明らかになっています。

こちらの記事もcheck!
認知症予防にも貢献する?アロマテラピーのパワー

簡単に使えるアロマスプレーやディフューザーがおすすめ!

生活のメリハリをつけるためにアロマを取り入れたいなら、アロマ初心者でも手軽に扱えるアロマアイテムを使ってみましょう。おすすめは、ワンタッチで使えるアロマディフューザーや、いつでも気軽にアロマを楽しめるスプレータイプです。

❖水や火が不要なワンタッチタイプ!アロミック・フロー「デイタイム/ナイトタイム」

アロミックフローバナー2
火や水を使わず、ボトルを本体に装着するだけという手軽さが大好評のワンタッチタイプのアロマディフューザー。気分に合わせて、いろいろな香りにチェンジすることができます。リビングやオフィスにアロマディフューザーを置いて、芳香浴を楽しんでみましょう。

ローズマリー・レモンを配合した「デイタイム」と、ラベンダーやオレンジ配合の「ナイトタイム」、2種の精油を朝と夜で使い分けるのがおすすめ!

❖シュッとひと吹き、気軽に使えるアロマスプレー「デイタイム/ナイトタイム」

認知向上スプレーバナー
アロマディフューザーを焚くのはもちろんですが、手軽に使用できるスプレータイプもおすすめです。室内やカーテン、空間にそのまま吹きかければOK。寝具に吹きかければ眠っている間も香りが脳に届くので、リラックス効果が持続して眠りが深くなり、熟睡できる可能性も高くなります。気になる枕の臭いを消したいときにもおすすめです。

アロマのパワーで生活にメリハリをつけ、毎日すっきり快適に過ごしましょう!
アロマには体内時計を整えるだけでなく、リラックスや消臭などさまざまな効果が期待できるので、きっと生活の質を向上させてくれるはずです。

関連記事
アロマも有効!認知症にならないための具体的対策とは?アロマの香りですっきり!眠気覚ましにおすすめのアロマオイル5選

最新記事



Recommend今読まれている記事

Contentsカテゴリー

Rankingよくあるご質問

公式通販サイト カタログデータ

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述