~『AROMIC fit(アロミック・フィット)』開発ストーリー~ | くらしとアロマ|アロミックスタイル

aromicstyleアロマでくらしを豊かに

くらしとアロマについて

~『AROMIC fit(アロミック・フィット)』開発ストーリー~

アロマディフューザー

2002年の創業以来アロマディフューザーの企画・開発に携わってきた我が社は、USB充電式でどんな場所にも“フィット”するアロマディフューザー『AROMIC fit(アロミック・フィット)』を新発売しました。コードレスタイプで、シンプル&コンパクトなデザイン。使用シーンを選ばずどこでも持ち運びが自由な、ディフューザー『アロミック・フィット』はいったいどのような経緯で誕生したのでしょうか。
開発の始まりは”コロナ禍によるストレス社会でアロマを役立てたい”という思いからでした。アロミック・フィットの誕生のきっかけや経緯をアロマスター株式会社代表に伺いました。

開発の始まりは『コロナ禍によるストレス社会でアロマを役立てたい』という思いから

2002年の創業以来、業務用をはじめ様々なタイプのアロマディフューザーを開発してきましたが、今回の新型アロマディフューザーのコンセプトは、

「世界の誰でも簡単に使え、どこにでもフィットするアロマディフューザー」
「機能と情緒が共存するアロマディフューザー」

でした。コロナ禍で感染に対する不安、多くの行動制限に対する抑圧感、感染に対する考え方の違いによる社会の分断など、まさにストレスフルな状況が2年以上も続いています。
そんな社会の雰囲気だからこそ、アロマが役に立てると確信いたしました。
アロマについて詳しくない人でも簡単に使えるアロマディフューザー。ながめていて気分が軽やかになるアロマディフューザー。手元に置きたくなるアロマディフューザー。
そんなアロマディフューザーを目指して2020年に開発がスタートしました。

機能性だけでなく、情緒性のあるデザインにもこだわり

芳香方式、操作方法、デザイン、香りの種類等をゼロベースで組み立て直しました。
効率よく芳香させる方式を追求して3Dプリンターで試作をしては検証を繰り返し、進行しては逆戻りなど試行錯誤の連続でした。ほぼ完成予想が見えた直後に問題が発覚してゼロから出直すこともありました。開発に時間と労力とお金がかかっても、一切妥協は無しです。

デザイナーと意見を交わしている時に弊社のアロマディフューザーの強みと弱みの話になりました。弊社のアロマディフューザーは機能面では他社製品に比べて極めて優れているものの、弊社のアロマディフューザーに欠けているものは何か? 
その答えは「情緒さ」。特にコロナ禍で人のココロが弱っている今だからこそ情緒性はとても重要な要素で、機能やスペックでカバーできるものではありません。そこで取り入れた試みが、オイルボトルをLEDランプでぼんやり照らすこと。眺めていると何となくホッとしてきます。また見た目に安心感をもたらすために、製品のカド部分のカーブの角度・大きさ等のディテールもこだわって仕上げしました。

お客様からご要望が多かった充電機能 +環境への配慮がされた素材

 素材面では、弊社のビジョン「暮らしが香るスマートライフ」でうたっているように、自然素材である炭酸カルシウムを多用して、脱炭素社会の実現に貢献する取り組みも取り入れました。
 機能面では、ユーザー様からの期待が多かった充電機能を装備することに初挑戦。3.5時間の充電で14時間使えることに成功しました。

ついに完成! 心と身体に"フィット"するパーソナルディフューザー

数多くの困難の末、2021年春発売予定が大幅に遅れ、ようやく2022年2月に発売開始にこぎつけました。
 これまでに何度も心が折れそうになりましたが、「コロナ禍の今だからこそ、アロマで社会の役に立たなければ」というミッションが心の支えになりました。
 「アロミック・フィット」が、コロナ禍に発売される意義はとても大きいと思います。
一人ひとりのコロナストレスの解消に少しでも貢献できるようでしたら開発者としてたいへん嬉しいです。

おすすめ記事
img

暮らしを快適にしてくれる、アロマディフューザーの種類を知ろう!

img

アロマのプロがチェック!【タイプ別】おすすめアロマディフューザーを徹底分析

img

【最新】人気業務用アロマディフューザーのスペックを徹底比較!

recent最新記事

Recommend今読まれている記事

Contentsカテゴリー

Rankingよくあるご質問

公式通販サイト 会社概要