運転中どうしても眠い…そんな時に眠気を払う効果的な対処法はこれ! | くらしとアロマ|アロミックスタイル

アロマでくらしを豊かに

くらしとアロマについて

運転中どうしても眠い…そんな時に眠気を払う効果的な対処法はこれ!

眠気

車の運転中に眠くなって困ったということは、ドライバーなら誰でも一度や二度は経験したことがあるでしょう。眠いのを我慢して運転を続けていたら重大な事故を起こしかねません。だからといって、先を急ぐのに道路わきへ車を停めてぐっすり眠るわけにもいかないですよね。そこで、運転中の眠気を除去する方法を工夫することは不可欠です。眠気の原因を考えてそれに見合った対処法を紹介しましょう。

どうして運転中に眠くなるのか?

疲労や睡眠不足

居眠り運転の原因のほとんどは「疲労」と「睡眠不足」です。
大人が日中に覚醒状態を維持するには平均して7~9時間の睡眠が必要と言われているので、睡眠時間が足りない場合や場合、事故のリスクも大きくなります。また、寝つきが悪い、夜中に目が覚めてしまうなど、日ごろのストレスや生活習慣の乱れから睡眠時間を確保していても質の良い睡眠が取れていない事もあります。

睡眠にかかわる病気や薬

睡眠時無呼吸症候群などの病気が原因になっている事もあります。この他にもカゼ薬や花粉症の症状を抑える薬品に含まれている成分も、眠気をもよおしやすいので服用時の運転には注意が必要です。

生体リズムによるもの

寝不足や生活のリズムに関係せず、人間の持つ生体リズムによって眠気を感じることが原因の場合もあります。
私たちの身体は、あらかじめ以下の3つの生体リズムを持っています。

・24時間周期の眠気のリズム「サーカディアンリズム」
・12時間周期の眠気のリズム「ハーフサーカディアンリズム」
・1.5〜2時間の眠気のリズム「ウルトラディアンリズム」

とくにウルトラディアンリズムは、単調な環境下におかれると顕著にあらわれやすくなるといわれています。この3つの生体リズムにより、14〜16時、2〜6時はとくに眠気が高まる時間帯とされ、実際に居眠り運転が多く発生する時間帯との因果関係が見られます。

運転中の眠気を覚ます具体的な方法は?

窓を開ける

”窓を開け運転"
車内の空気がよどんでいると、ドライバーの頭もぼんやりしてしまい眠気に襲われることがあります。これは車内の二酸化炭素が増えて酸素濃度が低下してしまったことが原因です。軽い酸欠になったドライバーがウトウトしてしまうのです。また、窓を閉めて静かな道路を運転していると車外の音が聴こえてこないので、車内は静かでつい眠くなってしまうというわけです。このような場合には窓を開けて新鮮な空気を取り入れましょう。外部の音が聴こえると、急に目が覚めることもあります。冷気が流れ込む冬場や熱気が襲ってくる猛暑のシーズンには、あまり長時間窓を開放することに抵抗があるかもしれません。空気が入れかわったら速やかに窓を閉めましょう。新鮮な空気を車内に取り込んだら深呼吸して体内に酸素を取り入れると効果的です。

飲食物を摂取する

”コーヒーと本"
「コーヒーを飲んでも眠くなってしまった時の効果的な方法は?」と聞かれたらガムを噛むことをおすすめします。ガムには刺激の強いものがドライバー用に多数販売されていますが、ミントなど口の中で強い刺激を感じるものでな「眠くなったらみんなどうしてる?」と尋ねると、「コーヒーを飲む」という答が返ってくることが少なくありません。夜中まで受験勉強をしている際に眠くなったらコーヒーを飲んで目を覚ますという方法が広く知られているからでしょうか。コーヒーにはカフェインが含まれているので覚醒作用があると言われています。コーヒー以外にも紅茶や緑茶にはカフェインが含まれているので、同様の効果が得られるでしょう。薄めのコーヒーだと飲んでいる間は頭がすっきりしますが、飲み終わった後また眠くなることもあるので多少濃いコーヒーを選ぶと良いかもしれません。

「コーヒーを飲んでも眠くなってしまった時の効果的な方法は?」と聞かれたらガムを噛むことをおすすめします。ガムには刺激の強いものがドライバー用に多数販売されていますが、ミントなど口の中で強い刺激を感じるものでなくても効果があります。ガムの味や刺激だけに眠気を覚ます効果があるのではなく、噛むこと自体にも意味があるのです。物を噛めば歯から脳に刺激が伝わり、脳を活性化させます。ガムの味がなくなった後も噛み続ければ眠気をおさえることができるでしょう。数枚でもガムがあれば、長時間の運転でも居眠り運転のリスクを回避できるのです。

同乗者の協力を得る

”運転時会話"
同乗者がいれば、話しかけてもらって会話を続けることも眠気防止に効果があります。居眠り運転を防止するため、長距離バスの交代用運転手が運転中のドライバーに話しかけている姿を見かけることがあるでしょう。会話中は脳が働いているので、眠気をおさえることができるのです。あまり話の内容に深入りしすぎて運転がおろそかになってしまっては困りますが、運転者がある程度興味のあるテーマで会話を弾ませることができれば、睡魔を遠ざけることができるでしょう。

後部座席に座っている同乗者がいれば、後ろから肩や首をマッサージしてもらうのも眠気覚ましには有効です。眠気が襲うのは血行が悪くなって脳に血液が十分届いていない場合もあるので、身体をマッサージして血の巡りを良くすることは眠気防止に役立つのです。マッサージしてもらいながら、会話をすれば効果は倍増するでしょう。マッサージしてもらいながら軽く首や肩を自分で動かしてみるのも、血行を良くするうえで効果があると言えます。

歌を歌う

”歌を歌う"
ガムを噛めば咀嚼筋を動かして脳に刺激を与えるのと同様に、大声で歌を歌えば顔や喉の筋肉を動かすため、頭蓋を通して脳に刺激が伝達され眠気が吹き飛びます。一人カラオケのつもりで存分に歌えばストレス解消にもなり頭がスッキリします。同乗者がおらず一人で眠気を制圧しなければならない場合には有効な手段だと言えるでしょう。ただし、走行中の車内だからこそ可能な方法なのであって、街中の信号で停車した時などには周囲に迷惑がかからないように自粛しましょう。歌が苦手な人は暗記した詩を朗読しても良いし、好きな脚本の台詞を声に出して叫んでみてもかまいません。

一瞬で眠気を覚ますアロマスプレー

上記の方法に加え、アロマで「嗅覚を刺激する」という方法があります。運転中にはとても気軽で、且つ一瞬で目を覚ます事のできる効果的な方法です。

鼻への刺激は脳に直結するので大変効果があります。アロマスプレーを車内に常備しておき、眠くなった時に軽く空中に散布すると爽やかな香りが眠気を軽減してくれます。窓を開けて車内に新鮮な空気を取り入れた後で車内に撒くと効果的でしょう。アロマの香りには様々な種類がありますが、眠気覚ましにはローズマリーやジンジャーの香りがおすすめです。レモングラスやユーカリも頭をスッキリさせ集中力を高める作用があり、薄荷も脳を刺激して眠気を払拭してくれると言われています。消臭や抗菌にも役立つので、自分の好みの香りのアロマスプレーを車内に準備しておくことをおすすめします。

自分に合った眠気覚ましの方法を見つけておきましょう

いかがでしたか?眠気を除去する方法は人によってさまざまです。運転中眠くなったときにどんな方法が自分に有効なのか試してみましょう。また、天然の香りにこだわったアロミック・スタイルのアロマスプレーを車内に置いておき、眠くなった際に是非活用してみて下さいね。

用途に合わせて色々選べる100%天然アロマスプレー
アロマスプレーバナー新

関連記事
天然アロマで質の良い睡眠を。リラックスできる香りやアイテムはこれ!乱れた体内時計はアロマで整える!アロマの力で生活リズムにメリハリをアロマの香りですっきり!眠気覚ましにおすすめのアロマオイル5選

最新記事



Recommend今読まれている記事

Contentsカテゴリー

Rankingよくあるご質問

公式通販サイト カタログデータ