アロマでくらしを豊かに

くらしとアロマについて

イライラする原因を知ってストレスをうまく解消しよう

ストレス

日常生活の中では、多かれ少なかれイライラしてしまうことは誰でもあるものです。そのイライラには、原因があることをご存知でしょうか。ここでは、イライラの原因や抑え方などについて紹介していきます。イライラについて知識を深め、対処法を知っておけば、もしイライラしてしまってもうまくかわせるようになるかもしれません。

なぜイライラしてしまうのか?

人は、自分の思い通りに物事が運ばない場合にイライラしやすくなります。例えば道が渋滞していて予定通りに目的地に着けなさそうな時や、今日中にやりたいことがまだたくさんあるのに、予定外の用事を頼まれた時などは、目標を達成することができないかもしれないという気持ちが芽生えるため、イライラしたり焦ったりしやすくなるのです。待ち合わせに相手が遅刻した時など、相手にイライラしている場合は、目標としている状況に向けて、相手が思い通りに動いてくれないというギャップが原因になっていると考えられるでしょう。

イライラしやすい人

イライラしやすい人には、几帳面な人や、真面目な人が多いです。また、「こうあるべき」のように、理想としている姿を明確に持っている人も、イライラしやすい傾向があります。自分の中に「時間を守る」「きれいに片づける」などのようなルールが存在し、それを守ることを大切にしているため、達成できなかった場合にイライラしやすくなるのです。また、このルールを他人にも望んでしまいやすいため、相手がそのルールを破った時にもイライラを感じてしまいます。

イライラしにくい人

反対に、イライラしにくい人は、自分に優しいという特徴があります。固定観念に縛られることなく、柔軟に対応することが可能な人です。そして、自分に完璧さを求めない分、他人に対して完璧さを求めることもありません。思い通りに物事が運ばなくても、それを受け入れることができるためイライラしにくいのです。

イライラしたときの抑え方について

イライラした時の対処法としておすすめなのは、まずその場から離れるということです。イライラする気持ちが爆発する前に、自分の置かれているシチュエーションを変えて、一旦気持ちを落ち着かせるようにしましょう。トイレに行ったり、飲み物を飲んだりなど、なんでも構いません。隣の部屋に行き、深呼吸をしたりする方法も効果的です。あえて全く違う行動を取ることで、イライラする気持ちにストップをかけ、冷静な気持ちを取り戻せるようになるでしょう。

冷静な気持ちを取り戻せたら、イライラしてしまう時の原因を振り返り、考えてみましょう。何が不満だったのかを考えると、自分の考え方のクセや、コンプレックスなどに気付く事ができるかも知れません。また、人にはそれぞれの判断基準や、価値観があるもの…と角度を変えて柔軟に考える習慣を身につけていければ、ありのままの自分も、他人も受け入れやすくなり、感情のコントロールがしやすくなるでしょう。

おすすめのストレスケア法について

イライラの感じやすさはその人の性格によるところも大きいですが、うまくケアをすることで、イライラから生じるストレスとうまく向き合っていくことも可能です。おすすめのストレスケア方法をご紹介します。

運動などで体を動かす

sportswoman
まず最初に、運動などで体を動かすことです。イライラが続くと、体の中にストレスがどんどん蓄積されていってしまいます。ジョギングやジムなどで体を動かすことで、ストレスを発散できるようになるでしょう。仕事でイライラすることがあった場合は、ジムという異なる環境に身を置いて、行動に変化を起こすことで気持ちにも変化が生じて、気分転換にもなるでしょう。

ヨガや瞑想

yogawoman
ヨガや瞑想などで目を閉じて意識的に深呼吸をすることで、しっかりと息を吐き新鮮な酸素を吸えるので脳の活動も活発になりセロトニンの分泌量を増やすことが可能です。運動と同じように、セロトニンの分泌量が増えることで気分が落ち着いたりスッキリしたりする効果が期待できます。

質の良い睡眠をとる

nightbed
寝つきを良くするには、日中の活動で蓄積されたストレスによって緊張している身体を、就寝前にほぐしてリラックスした状態にする必要があります。そのために、入浴からベッドに入るまでの時間の過ごし方を改善して、睡眠の質を向上させて疲れを取りましょう。

こちらの記事もcheck!
「疲れやすい」と感じたら…疲れた体を癒す質の良い睡眠を!天然アロマで質の良い睡眠を。リラックスできる香りやアイテムはこれ!

食生活を見直してみる

foods
心を安らかに保つために必要なホルモンのセロトニンが不足するとイライラや不安などの不調のもとに。セロトニンの主原料となるタンパク質を意識してとりましょう。また、ストレスを感じると失われるビタミンC、他にもカルシウム、ビタミンB群も役立つ栄養素です。バランスの良い食事を心がけましょう。

アロマでストレスケア

aromabana
植物から抽出された天然アロマの香りは、嗅覚を通して脳に届き、自律神経やホルモンのバランスを整えてくれます。また、それぞれの精油には沢山の効果効能があり、心や身体の不調にも様々な形で心地よく働きかけてくれます。
▶アロマでストレスケアにおすすめの商品はこちら

イライラが病気からくる場合も

イライラは、病気が原因となっている場合もあります。この頃急にイライラすることが増えたという場合や、原因が思い当たらないのにとにかくイライラしてしまうという場合は、病気の可能性を視野に入れてみてもよいかもしれません。

更年期障害

更年期障害は、イライラを引き起こすことがある病気のひとつです。女性の場合、女性ホルモンのバランスが大きく変化する閉経の時期に、のぼせやだるさ、動悸など様々な症状が現れやすくなります。人によって症状の程度や内容は異なり、中にはイライラを感じる人もいます。更年期障害は、環境のストレスが要因となることもあり、女性だけでなく男性が発症する場合もあります。

月経前症候群(PMS)

また、女性の場合は月経前症候群(PMS)が原因でイライラを感じることもあります。生理前になると何となくイライラすることが増えたという場合は、PMSが原因になっているのかもしれません。生理がある女性の3割から4割程度の人にこのPMSの症状が現れるとされています。その他には、高次脳機能障害などの病気が原因になっている場合もあります。

イライラとうまく付き合って楽しく過ごそう

イライラしていると、マイナスな面ばかり目に付くようにもなって楽しくありませんよね。人生を楽しむためにも、イライラする気持ちとうまく付き合って、コントロールできるようになりたいものです。解消方法は、ここで紹介した方法以外にも様々なものがあるため、自分にとって最適な方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

*心の状態に合わせた5種の香り
焦りやイライラを鎮めて気持ちを穏やかに

関連記事
ストレス解消にはセルフケアが重要!上手につきあうコツを紹介香りの効果でストレスを上手に軽減~心の疲れを癒してくれるアロマを選ぼう~幸せホルモン「オキシトシン」を増やすアロマでストレス軽減!

recent最新記事

Recommend今読まれている記事

Contentsカテゴリー

Rankingよくあるご質問

公式通販サイト アロマスプレーガイド