暮らしを快適にしてくれる、アロマディフューザーの種類を知ろう! | くらしとアロマ|アロミックスタイル

アロマでくらしを豊かに

くらしとアロマについて

暮らしを快適にしてくれる、アロマディフューザーの種類を知ろう!

アロマの取り入れ方

心地良い香りで暮らしを快適にしてくれるアロマですが、アロマを楽しむアイテムとして「アロマディフューザー」「アロマ加湿器」「アロマポット」などがありそれぞれ違いがあります。中でもおすすめは、火を使わず手軽に利用できるアロマディフューザー。今回はアロマディフューザーの種類や、それぞれの特徴を解説します。

アロマポットとアロマディフューザーの違いは?

アロマディフューザーとは、香りを拡散させる器具の総称です。アロマは「香り」、ディフューズは「拡散する・広める」という意味を持ちます。

アロマポット
アロマテラピーを自宅で楽しむためのアイテムといえば、アロマポットをイメージする人も多いのではないでしょうか。アロマポットは皿に水を張って精油を数滴たらし、下からキャンドルで温めて蒸発させて使います。アロマポットもアロマディフューザーの一種ですが、キャンドルの火が危険という理由から、昔ほどは使用されなくなっているようです。

アロマ加湿器とアロマディフューザーの違いは?

無印アロマ加湿器
アロマディフューザーやアロマポットと同様に、アロマ加湿器というアイテムもよく目にしますね。

アロマ加湿器はあくまでも加湿が目的のアイテムで、その副機能としてアロマを楽しむことが出来ます。
加湿機能に比べると精油を拡散させる機能は低いため、アロマを楽しみたい人は物足りないと感じるかもしれません。加湿器を使用しない季節もあるので、年間を通してアロマを楽しみたい方にも不向きです。

加湿機能よりもアロマを楽しむことを重視する人には、アロマ加湿器ではなくアロマディフューザーがおすすめです。

アロマディフューザーの種類 「気化式」

アロマディフューザーには広範囲にしっかり香りが広がるタイプから、狭い範囲でほのかに香るタイプまでさまざまな種類がありますが、大きくは「気化式」「噴霧式」「加熱式」「超音波式」などに分類されます。

まずは気化式のアロマディフューザーから一つずつ紹介します。

❖気化式(ボトル内気化方式)*特許出願中

アロミックフロー画像
アロミックスタイル『アロミック・フロー』
価格:5,800円(税抜)送料無料
商品はこちら⇒アロマディフューザー【アロミック・フロー】

オイルボトル内に筒状のパルプ製不織布を据え置き、しみ込んだオイルに送風して気化させます 。

●メリット
・最後までフレッシュでしっかり香る。(オイルボトル内の気密性が高いので酸化しにくい)
・オイルが目詰まりすることもなく、周りもベタつかないのでメンテナンスが不要。
・ワンタッチでオイルビンの取り付け、取り外しが可能で、面倒な準備は不要。

●デメリット
・専用オイルでの使用になる。

こちらの記事もcheck!
ワンタッチで使える高スペックディフューザー『アロミック・フロー』を使ってみた

❖気化式(送風+パッド)

アロミックエアー
アロミックスタイル『アロミック・エアー』
価格:12,800円(税抜)送料無料
商品はこちら⇒アロマディフューザー【アロミックエアー】
不織布等のパッドに浸みこませた精油に風をあてて香りを拡散させます。精油を容器から直接パッドに吸い上げるタイプと、精油を垂らして使用するタイプがあります。

●メリット
・ミスト化せずに完全気化状態で精油を拡散させるので、粒子が床に落ちることなく、効率良く香りが広がる。
・精油を容器から直接吸い上げるタイプは、オイルの補充頻度が少なくて済む。
・シンプルな原理、構造なので故障等のトラブルが少ない。

●デメリット
・都度精油を垂らすタイプはオイルの補充頻度が高く、やや手間がかかる。

❖気化式(送風式)

送風式2
タンクに入れたアロマに風を当てて、香りを拡散させます。

●メリット
・水を入れなくて良いので、見た目が小ぶりでかわいらしい。
・電池式が多く携帯しやすいので、場所を選ばず使用できる。

●デメリット
・芳香力が弱い。
・オイル補充の手間がかかる。

❖気化式(リード式)

リード式1リード式2
香料をエタノールで希釈したオイルが入ったボトルに、リードと呼ばれる木製スティックを差し込み、スティックが精油を吸い上げて香りを拡散します。

●メリット
・リードの本数を変えることで香りの強さや持続時間を調節できる。
・見た目がおしゃれなのでインテリアとしても活用できる。

●デメリット
・容器に蓋がないため、オイルが酸化しやすい。
・自然気化なので、使用開始時から徐々に香りが弱くなっていく。
・合成香料を使用した製品が多い。

❖気化式(ストーン式)

ストーン式1ストーン式2
珪藻土(けいそうど)などに精油を染み込ませて香りを拡散させます。

●メリット
首にぶらさげられる「アロマペンダント」や、開閉式の「アロマケース」など、持ち運びしやすい商品が多い。

●デメリット
・芳香力が弱い。

アロマディフューザーの種類 「噴霧式」

次は、液体を霧状にして噴出したり吹き掛けたりする「噴霧式」です。

❖噴霧式(アロマドロップ式)

ドロップ式2
ツボ型のガラス容器に、精油の原液をそのまま垂らして使用します。アロマディフューザーに内蔵されているポンプの力によって精油を霧状に噴射させ、香りを空間に送り出します。精油を原液で使用するため、オイルの消費が非常に早いという特徴がありますす。精油は決して安いものではないので、賢く使うことが大切。広い家や店舗などで使用したい場合は、アロマドロップ式がおすすめです。

●メリット
・香りが非常に強く出るので、広い範囲に香りを拡散させることができる。
・コントローラで香りを調整できるタイプもある。

●デメリット
・ガラス容器が密閉されていないので、精油が空気にさらされることによって酸化が進みやすい。
・噴射部分が非常に細いガラス管になっているので、精油が詰まったときに壊れやすく手入れも困難。
・ポンプの作動音が大きい。
・香りの強弱の調整ができない。
・香りを変える際に、ガラス容器をエタノール等で洗う必要がある。

❖噴霧式(ボトル直接取り付け)ネブライザー式

ネプライザー式1
ネプライザー式2
精油瓶をセットしてスイッチを押すだけで、アロマの香りを楽しむことができます。精油を空気微粒子に変換しながら、香りをほどよく拡散させます。有効芳香面積は120平米もあるので、自宅はもちろんオフィスでの使用も可能です。

●メリット
・水の管理や、頻繁なオイル補充の必要がない。

●デメリット
・市販のオイルを取り付ける場合は、ビンの中栓を外す必要がある。
・ポンプ音が大きい。
・気密性が高くないので、精油が空気に触れ酸化しやすい。

アロマディフューザーの種類 「加熱式」「超音波式」

❖加熱式(アロマポット、アロマランプ)

アロマポット
水を張った受け皿に精油を数滴垂らし、キャンドルやランプの熱で精油を加熱して気化させます。キャンドルを使うタイプをアロマポット、ランプを使うタイプをアロマランプと呼びます。

●デメリット
・精油を加熱するので、精油成分が変性する。
・芳香力が弱い。
・オイルの補充が手間。
・掃除の頻度が多い。

❖超音波式

超音波式
精油を数滴垂らした水を超音波によってミスト化して香りを拡散させます。ライトがイルミネーションのように美しく点滅するタイプやタイマー機能を備えたタイプなど、商品ヴァリエーションも豊富です。

●メリット
・熱や火を使わず部屋中に香りを広げることができる。

●デメリット
・水とオイルの補充頻度が高い。
・水に雑菌が繁殖する場合がある。
・超音波の振動子が壊れやすい。
・周辺がベタつく。

まとめ

ひとことでアロマディフューザーといっても実に様々な種類があるのです。まとめとして、それぞれ「香り拡散力」「精油劣化」「オイル・水補充頻度」「オイル・水補充方法」「日頃のお手入れ」「香り変更」「トラブル」「音」「価格」の観点から比較してみました。

最も結果が良かったのは『アロミック・フロー』。
ワンタッチですぐに香りが広がり、精油補充・お手入れが不要という部分が大きく点数を伸ばしました。しかも気密性が高く精油が直接空気に触れないため、精油劣化が少ない点も魅力です。
これからアロマ生活を始めたいという人には、おしゃれで世界一簡単なディフューザー『アロミック・フロー』がおすすめです。

《2019新発売》最新アロマディフューザー『アロミック・フロー』
アロミックフローバナー新
本体価格:5,800円(税別)送料無料
1台につき専用精油40㎖2,800円が無料で付いてきます。

関連記事
アロマディフューザーを選ぶときのチェックポイントは?アロマのプロがチェック!【タイプ別】アロマディフューザーを徹底分析アロマの楽しみがアップ!アロマディフューザーの適切な置き場所や使い方

最新記事



Recommend今読まれている記事

Contentsカテゴリー

Rankingよくあるご質問

公式通販サイト カタログデータ