『アンチバグ』に配合されているレモンユーカリは、本当に虫除け効果がある? | くらしとアロマ|アロミックスタイル

アロマでくらしを豊かに

くらしとアロマについて

『アンチバグ』に配合されているレモンユーカリは、本当に虫除け効果がある?

虫除け

ディート無添加で小さなお子さんにも安心して使用していただけるアロマ虫除けスプレー『アンチバグ』ですが、「本当にアロマで虫除けができるの?」と少し不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。そんな不安を解消していただくために、今回はアンチバグが虫除け効果を発揮するメカニズムをQ&A方式でわかりやすく解説します。

Q:なぜアンチバグはアロマの力だけで虫除けできるのですか?

A:アンチバグに配合されているレモンユーカリを始めとした精油に、蚊などの害虫を遠ざける忌避効果があるためです。特にコアラが好んで食べることでも知られているレモンユーカリには、一般的な虫除けアイテムに含まれる忌避剤と同程度の効果が期待できるといわれています。さらにアンチバグは複数の精油を使用しており、それらの相乗効果によって、より効き目が強くなるようにブレンドされています。

Q:レモンユーカリはどうして虫を遠ざけることができるのですか?

A:レモンユーカリの葉を食べて生息するコアラに虫が寄り付かなかったり、ユーカリの木が生い茂る中でバーベキューをしても蚊に刺されなかったりという事実が注目されるようになり、
数あるユーカリ品種の中でも忌避効果がとても高いレモンユーカリに関する研究が進められたようです。レモンユーカリの葉の中には「p-menthane-3.8-diols」と呼ばれる成分が含まれており、蚊の成虫がこの物質を感知して逃げるため、レモンユーカリには代表的な忌避剤・ディートと同程度の虫除け効果が期待できるといわれています。

Q:レモンユーカリに虫除け効果があることは、どんな形で証明されているのですか?

A:実際にマウスやヒヨコを用いて、ユーカリの種別で精油処理区と無処理区における吸血忌避率を比較した実験において、中でもレモンユーカリが非常に高い忌避率であった事でその効果が立証されています。

Q:そもそも、レモンユーカリとはどんな植物なのですか?

A:世界に600種ほど存在するユーカリの一種として、レモンの様な酸味と甘みを感じられる独特な香りを放つ事から和名で「レモンユーカリ」と呼ばれています(学名Eucalyptus citriodora)。オーストラリア原産のフトモモ科の常緑高木で、代表的な品種であるユーカリグロブルスは1.8シネオールが主成分であるのに対し、レモンユーカリは「p-menthane-3.8-diols」の前駆体であるシトロネラールというテルペン系アルデヒド類が主成分です。同様の成分を含有しているイネ科のシトロネラよりも昆虫忌避成分の含有率が非常に高いのです。

Q:レモンユーカリは、ディートよりも安全性が高いのですか?

A:高い忌避効果を持つディートですが、アメリカやカナダでは副作用が報告されており、現在は国内でも6か月未満の乳児への使用は不可とされています。しかし天然植物であるレモンユーカリは、人体に対する毒性が非常に低いとわれています。さらにアンチバグは合成香料・着色料等無添加なので、小さなお子さんにも安心してご使用いただけます。

関連記事
アロマで虫除け対策!シーン別のおすすめグッズは?~『アンチバグ』開発ストーリー~

忌避効果が実験で立証されてるレモンユーカリを配合しているアンチバグなら、これからも安心して使用することができそうでうね。ディート・合成香料・着色料等無添加なので、これからのシーズン、小さなお子さんもぜひ安心してご活用ください。

国産アロマ虫除けスプレー販売実績No.1&累計販売数30万本突破!
*全国296か所の幼稚園・保育園が虫除け対策に採用中*
虫除けスプレーアンチバグ100ml新バナー
▶2020年アンチバグが茶ボトルになってリニューアル!

世界一簡単なアロマディフューザー!
アロミックフローアンチバグ新バナー
▶アロミック・フロー アンチバグ(虫除け)
*天然成分100%虫除け用オイル40mlプレゼント

★天然アロマ『アンチバグ』の虫除け効果をご覧ください⇩⇩⇩

▶アンチバグの虫除け効果画像はこちら!

関連記事
虫除けスプレー『アンチバグ』で忌避効果の実験をしてみました!赤ちゃんも安心!アロマ虫除けスプレーの人気おすすめ製品6選!虫除けスプレーは機内に持ち込める?守るべきルールとは?夏だけじゃない!虫除け対策っていつまで必要?

最新記事



Recommend今読まれている記事

Contentsカテゴリー

Rankingよくあるご質問

公式通販サイト カタログデータ

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述