社員インタビュー①山室響子さん:管理職を務めながら仕事と育児を両立するための考え方 | くらしとアロマ|アロミックスタイル

アロマでくらしを豊かに

くらしとアロマについて

社員インタビュー①山室響子さん:管理職を務めながら仕事と育児を両立するための考え方

社員レポート

アロマ専業メーカーである我が社では、全社員の9割以上が女性社員です。経験や年齢も様々な私達がどのような想いと環境で仕事に取り組んでいるかをご紹介していきたいと思います。アロマスター株式会社で働く想い~シリーズ①~として、今回は執行役員の山室響子さんに子育てをしながらどのように仕事に取り組んでいるかを色々と伺ってみました!

Q1:簡単に経歴と現在のお仕事を教えてください

1987年生まれ。京都大学文学部卒業後、楽天株式会社に入社しました。
楽天市場でECコンサルタントとして、楽天市場の出店店舗様を100店舗以上担当し、
売上向上のための支援を行っておりました。
その後アロマメーカーであり、ECでの販売も行っているアロマスター株式会社にEC担当として入社しました。
現在は、EC課のマネージャーとして、ECの企画・運営を行うと同時に、2018年2月にはCRM課のマネージャーも兼務し、CRM課の立ち上げを行っています。

Q2:誰もが知っている楽天さんからアロマスターに入社した理由はなんでしょうか?

楽天市場でECコンサルタントをやらせていただき、多くの店舗様と触れ合えるのはとても刺激的でやりがいも感じていたのですが、店舗様の売上に対して、どこか本当の意味での責任を取れていないとも感じ、徐々に「自分自身でECサイトを運営し、売上により責任をもって取り組みたい!」という思いが強くなってきました。

そんな中アロマスター株式会社の代表取締役である神田と話をする機会があり、代表の自社商品に対する強い思いを感じ、この商品を世の中に広めるお手伝いをさせていただきたい!と思い、入社させていただくことになりました。

Q3:子育てをしながら働くのって実際どうですか?そして、今はどんな働き方をしているのでしょうか?

とっても大変です(笑)特に平日会社から帰ってからは、戦争状態です(笑)ただ同時にとても充実し、やりがいを感じています。

出産前と後で最も変わった点は、仕事とプライベートの切り替えがうまくできるようになったこと、仕事の効率化に対してよりシビアに考えられるようになったこと、そして一番は心の余裕が生まれたことです。子供が生まれる前は人や出来事に対して自分の思い通りにいかないことにイライラしたりしてしまうことがあったのですが、思い通りにならない、という点でいうと私の娘にまさるものなんてないんです(笑)
ママということを経験したことで、思い通りにならないのが当たり前で、その状況をいかに楽しむか、という視点ができ、それは仕事をする上でとてもプラスになったと感じています。

それもこれも、会社の理解があるおかげだと思っております。というのも、私は2016年12月~2018年1月までの約1年間産休・育休をとらせていただいたのですが、保育園が決まり復帰できるとなったときに代表から言われたのが「CRMを会社として積極的に推し進めていきたいんだけど、その立ち上げよろしく」という言葉でした。

おそらく多くの会社では、復帰後は家庭の状況も考慮して業務を任せることが多いと思うのですが、育休前以上に仕事も頑張りたいと思っていた私にはとても嬉しい言葉でした。実際に復帰前にも任せてもらっていたEC課のマネージャーの他にCRM課のマネージャーも兼務になり、復帰後の方が業務量が増えています(笑)

ただ、だからといって時間的な拘束があるわけではありません。
復帰後は時短勤務(9時~16時)にさせていただき、それだけではなかなか作業が進めらなくなってきたので週に1回は在宅勤務という形にさせてもらい、その日はフルで働いています。

もちろん時短勤務の中業務を進めていくのはとても大変です。
通勤時間もフルで活用し、時には子供が寝た後に仕事をすることもときにはあります。
でも私の軸は「子供がまずは一番。それはぶらさないけど、でもお給料をいただいている以上、仕事は全力投球する。時間は使い方次第!」と思っております。
会社や家族に迷惑をかけてしまうことも多々あるけれど、自分の工夫次第で乗り越え、いつか恩返しができればと思っております。

Q4:山室さんと言えば、いつもチームを明るく引っ張ってくれている印象なのですが、元気の源を教えてください!

家族です!
もちろん働いていれば、ときに失敗してつらいこともありますし、うまくいかなくて落ち込むことも多々あります。でも家に帰れば家族がいて、話を聞いてくれ、励ましてくれます。

また、娘には私の仕事上での失敗や落ち込みなんて関係なく、どんなに仕事でへこんでいる日でも、おなかがすいたらギャーっと騒いで泣きます。もうそうしたら仕事の悩みなんておいておいて、急いでご飯を作らないといけません(笑)

ある意味強制的に仕事とプライべートを切り替えてくれているのが娘なんです。そのおかげで、毎日リセットした状態で仕事に臨めるようになりました。

Q5:最後にアロマスターを一言で表すとどのような会社か教えてください。

とにかく柔軟な会社です。
その人のその時々によって、働き方がかえられ、活躍できる会社だと思います。
時短勤務やテレワークはその一端に過ぎず、制度以上にそういったことを許容できる文化がある会社です。

関連記事
社員インタビュー②岩見春香さん:企画から制作までを担当?!アロマ専業メーカーEC担当者の仕事について社員インタビュー③働くママ対談:仕事も子育ても欲張りに両立したい全ての方へ

最新記事



Recommend今読まれている記事

Contentsカテゴリー

Rankingよくあるご質問

公式通販サイト カタログデータ

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述